interview インタビュー

  1. interview
  2. 上島將和
interview
05
上島 將和
2013年入社

大学の専攻は工学部の材料科学科で、研究テーマは光触媒関連でした。日本電計は電気系なので直接的な関係は薄いのですが、もともと営業職に興味があり、「理系出身を強みにできないかな」と考えていました。日本電計を知ったきっかけは学内の合同説明会で、技術営業という文言に「これだ!」と思いました。対面でコミュニケーションを深める仕事だということ、そして、技術+営業なので、自分のバックグラウンドを活かせる印象を持ちました。また、一日のスケジュールを自ら管理できる点にも惹かれました。説明してくださった方が気さくで、面接の際も和気あいあいとしていて自然にお話できたのを覚えています。

ただ、入社して1~2年は苦労の連続でした。お客様は目上の方がほとんどで、会話が続かず悩んだり…。計測器メーカーの方や先輩に同行し、営業方法を見せてもらいながら徐々に慣れ、5年が経ちました。毎日とても密度が濃く、製品知識が増えて技術営業にも馴染み、自分の色を出せるようになってきたと思います。社員が助け合う組織風土による部分も大きいです。上司、先輩、後輩が隔てなく話せて、困っていたらフォローする雰囲気があります。私もこれまで要所々々でサポートしていただいているため、自分が寄与できる点をいつも意識しています。

営業所では後輩ができ、良い緊張感があります。年齢が近いので入社当初に特有の不安や焦りもわかります。先輩が自分にしてくださった指導やアドバイスを思い返しながら適度な距離感で接し、過不足のないサポートを心掛けています。今後、自分に求められるチーム内での役割も変わっていくので、マネジメント面の勉強もしていきたいです。

日本電計は歴史のある会社で、お客様との関係も長期にわたっています。 最近では同年代のお客様とプライベートで親しくしていただく機会もあり、一緒にスポーツをしたりと公私のバランスが心地良いです。

時間の限られる就活の期間内で、個々の企業を深く知るにはどうしても限界がありますよね。就活時や入社後、私も緊張や不安でいっぱいでした。当社に興味を持たれている方は、ぜひインターンシップや企業説明会に参加してみてください。どんな業界で働くのか、また、会社の雰囲気も感じられるので、入社後がイメージしやすくなります。

私自身、まだまだ未熟さを痛感する場面はありますが、お客様の期待に応えられるよう精進していきます。今後、ロボットやAIなどテクノロジーが進化していく中、コミュニケーションの重要性はさらに増していきます。日本産業を縁の下から支える当社の基盤はお客様との信頼関係です。最先端のものづくりの現場でぜひ一緒に働きましょう!

top