Denkei

私らしく、日本電計ではたらく

三浦佑朔

東京営業所/営業
2019年入社

  • ―入社した理由を教えてください。

    会社説明会で新しい本社ビルが建つと聞き、業績が良くて安定的なイメージを持ちました。また、大学からも優良企業だと勧められ、エントリーしました。面接が終始、穏やかな雰囲気で話しやすかったことも理由として大きいです。就活時の情報収拾には限界があり、判断材料が乏しいので、自分の感覚も大事にしました。

  • ―どのような職場ですか?
    雰囲気はどうですか?

    会社説明会から面接まで一貫して気さくに応対してくださり、本社も営業所も重たい雰囲気ではなく、風通しの良さを感じました。入社後の今も同じ印象で、私の営業所内もいつも和気あいあいとしています。
    営業職には人間力が必要なので、プライベートの充実は、お客様とのコミュニケーション面でプラスだと思います。日本電計は公私のバランスが上手く取れ、それが仕事にも活かせる恵まれた環境だと感じています。

  • ―入社後、苦労したことや
    解決方法について教えてください。

    私はもともと細かな作業が苦手で…、ただ、仕事では書類作成やメールでのご連絡でも小さな抜けやミスがトラブルの原因になりますので、社内研修はとても重要でした。一週間通して、社会人としてのマナーから仕事のやり方全般について学びました。それでも製品知識が足りておらず、機器の細かな仕様や専門用語をヒヤリングするのが難しくて情報の確認に苦労します。
    お客様によってご要望は様々なので、製品知識を増やすために機器メーカーでの研修も積極的に活用しています。分からない点について先輩からアドバイスをいただくことも多いです。

  • ―休日はどう過ごしますか?

    映画やドラマを見たり、サッカーをしたり、友達と遊んだりします。「休むときは休む」という方針が社内で定着していて、上司からもそう言われています。
    先日、社員旅行に行ったのですが、その間、先輩が私の担当する案件のケアをしてくださって大変ありがたかったです。長い目で見て、メリハリのある働き方が生産性を上げるのだと思います。

―現在就活中の皆様へ
メッセージをお願いします。

就職先を選ぶにあたって、OBとOGに話を聞く機会は貴重ですね。
会社説明会の他に、先輩社員の方にも実際の業務や社風などが聞けると、就業イメージが広がります。私も振り返ると、学生の自分だけの視点にはどうしても偏りがありました…。OB・OG訪問は就活時にしか出来ず、社会を知る良い機会なので、積極的にすべきだと思います。私も日々勉強ですが、日本電計は成長のプロセスを楽しめる会社ですよ。

top