Denkei

私らしく、日本電計ではたらく

中川翔太

湘南営業所/営業
2019年入社

  • ―営業職を希望した理由を
    教えてください。

    大学の頃、塾講師のアルバイトをしており、「どうすれば分かりやすく伝えられるか」「成績につながる勉強方法はどういうものか」と試行錯誤しながら、生徒さんの興味関心や課題を念頭に指導していました。相手本位の姿勢で相談に乗り、改善策を講じた経験を活かしたいと考え、メーカーや商社の営業職を志望しました。講師の経験は現在の仕事にも役立っていると感じます。
    計測器については会社説明会に行くまで全く知らなかったのですが、日本電計は業界で最も取扱数が多いという点にも惹かれました。

  • ―入社後、成長したと感じたことは
    なんですか?

    責任感が一層強くなったと感じます。
    アルバイトとは比較できませんが、仕事では動く金額も大きく、お客様とのコミュニケーションにおいても日本電計の社員として相応しい振る舞いがあります。最初は不安がありましたが、一つ一つの仕事と丁寧に向き合う内に、地に足がついてきました。
    ただ、まだまだ迷ってしまう場面があるので、製品知識を増やし、経験を積み、判断力を培いたいです。

  • ―今後の仕事の目標を教えてください。

    先輩方の営業に同行し、お客様といかに信頼関係を築くのかが重要だと分かりました。
    お客様から会話を引き出せるよう、仕事とはあまり関係のない趣味の話や雑談も含め肩肘張らずに対話できるようになり、信頼を得たいです。その上で、「お客様のご要望はここまでだけれど、この製品も役立つかもしれない」という発想で、ニーズに寄り添う提案型の営業ができるようになるのが目標です。

  • ―休日はどう過ごしますか?

    金曜の夜は「一週間がんばった!」という達成感があります。
    激しめのロックやメタルが好きなので、週末はライブハウスによく行きます。社会人としても日本電計の社員としても、今後、色々勉強しなくてはと思っています。

―現在就活中の皆様へ
メッセージをお願いします。

就活は山あり谷ありなので忍耐強さが要ります。早く内定を得れば良いとは必ずしも言えないのが難しいところですね。企業との巡り合わせはタイミングがあり、それも含め納得の上で決まるのが望ましいです。そのためにも、エントリーする企業のウェブサイトやパンフレットに目を通し、できれば製品やサービスにも実際に触れ、自らの言葉で意見や感想を言えるようにすると良いと思います。その過程で自分の志向性が明確になります。
私も日本電計について興味を持って調べ、結果的に内定に至って良かったです。

top