Denkei

私らしく、日本電計ではたらく

立野茉衣伽

千葉営業所/営業
2019年入社

  • ―入社前と入社後で
    日本電計のイメージはどうですか?

    最初から変わっておらず、イメージ通りです。
    大学の合同説明会でお話を伺い、「担当の方の雰囲気がゆったりしていて、ペースが合っているかも」と思いました。製品開発に不可欠な計測器の営業という仕事にも興味がわき、会社説明会に伺いました。「計測器に馴染みはないかもしれませんが、文系出身の社員も多く、働きながら必要な知識は身に付きますよ」とおっしゃっていたので安心し、エントリーしました。
    その後の営業所での面接から本社での最終面接までずっと和やかで、入社後も想像以上に働きやすく、相性が良さそうという予感通りでした。

  • ―学生時代の経験で活きていることはなんですか?

    勉強はもちろんですが、それ以外だと、私の場合は接客業のアルバイトです。きちんと指導してくださるお店で、幅広い年齢層のお客様に失礼がないような態度や話し方が身に付きました。おかげで入社後の電話応対や挨拶が自然に出来、やっていて良かったと思いました。

  • ―社員同士の交流はいかがですか?

    上司や部下も分け隔てなく自然体で話しやすい職場だと思います。
    入社後の研修で定型業務の仕方を一通り覚えましたが、他に分からないことがあっても、営業所の皆さんが「それはこうだよ」「ここにありますよ」と丁寧に教えてくださり、スムーズに仕事に慣れました。
    日頃、先輩にも「以前、このお客様は、どんな製品をどういう用途で使用されていましたか?」「お客様と良好な関係を築く上で大事にしていることは何ですか?」など、積極的に質問して参考にしています。
    社員同士が日常的に情報交換していて、風通しの良さを感じます。

  • ―休日はどう過ごしますか?

    リフレッシュに当てています。週明けに向けて英気を養いたいので、テレビを見たり本を読んだり、スマホでゲームをしたり、のんびり過ごします。お菓子作りが趣味で、パウンドケーキやクッキーを作ったりもします。

―現在就活中の皆様へ
メッセージをお願いします。

企業と学生には相性があると思います。私も経験しましたが、落ちてしまっても「なぜ選んでもらえなかったのだろう」とマイナスに考えず、その企業とのマッチングだと捉えると良いですよね。「ここに入らなければ!」と選択肢を絞り過ぎない方が良いとも思います。私は結果的に、最初に感じた相性を信じて正解でした。
人と話すのが好きな方、自分のペースを大事にして働きたいという方に向いている仕事だと思います。会社説明会やインターンシップでぜひ日本電計の雰囲気を知っていただきたいです。

top