interview インタビュー

  1. interview
  2. 伊藤陽哉
interview
01
伊藤 陽哉
2018年入社

大学では経営学部でした。今振り返ると学生の頃は、基本的に自分で講義を選んでいますし、自由な時間がたくさんありました。そのため、入社直後は社会人生活に慣れず、緊張し気疲れしていましたが、最近はそういうこともなくなり、社会人のリズムに慣れました。

大学4年間は充実していました。懇切丁寧に指導してくださった先生のゼミに所属し、勉強も手応えがありましたし、バレーボールのサークルでも仲間と切磋琢磨し、レンタルビデオ店でバイトしてお勧め作品を伝える工夫をしたり後輩を指導したり、毎日学生らしく過ごしていたと思います。

大学3年生の夏頃から就活を始めました。会計のゼミだったので企業を調べる際、財務諸表の知識が役立ちました。営業職の親戚がいて、以前から仕事の様子を聞いていたので、営業職を視野に入れていました。日本電計とは異なる業界の企業ですが、秋頃にインターンシップに参加して営業に同行でき、実際の業務を垣間見れました。営業に限りませんが、どんな職種も自分なりにできるだけ調べて体感するとミスマッチを防げると思います。

合同説明会で日本電計を知り、「計測器の商社ってどんな会社だろう?」と興味を持ち、説明会に参加しました。埼玉営業所で一次面接を受け、本社で最終面接を受けました。気負っていたのですが、緊張がほぐれるように気遣ってくださって有り難かったです。

今は入社して半年が経ち、先輩と一緒にお客様を訪問しています。 先輩は製品知識が豊富で、要望や依頼内容を的確に把握し、お客様が気付いていないようなニーズも洞察した上で提案されていて大変勉強になります。じきに一人でお客様を訪問するようになるので、基礎的な知識と営業の方法を必死で学んでいます。お客様に関係しそうな機器の性能や用途をしっかり頭に入れ、お役に立ちたいです。3年後には自分の持ち味を活かした仕事のスタイルを築いていたいですね。

就活中は、友人が先に内定をもらうことがあり、焦ることもありました。ただ、決まるタイミングはそれぞれですが入社時期は同じなので、ある意味、社会人になってからが本当の勝負だと思っています。日本電計は、製品に関する勉強会や先輩からの指導など、新卒の社員のサポート体制がきちんとしていて恵まれた環境です。計測器は世の中を変えるような研究や未来を拓くイノベーションに欠かせないものだと知って、自分の仕事に誇りを感じています。日々勉強ですが、成長のプロセスを楽しんでいきたいです。

top